CK VIEWS

幻想的な光に酔いしれる
照明カタログではない、
ハイクオリティー夜景マガジンです。

カラーキネティクス・ジャパン株式会社
A4判・16~20P、年3回発行

colorkinetics.co.jp

  • CK VIEWS17
    狂言師・野村萬斎氏による「FORM-三番●-」(会場・東京国際フォーラム)の華麗な舞台。LED照明が重要な役割を果たしている。
  • CK VIEWS17
    パリで開催された2017春夏オートクチュールコレクションでYUIMA NAKAZATOが発表した ショー。カーブしたスチールアームにLED照明が組み込まれている。
  • CK VIEWS17
    左ページは「肥後細川庭園」(東京都文京区)。右ページは「横浜ベイクォーター」(神奈川県横浜市)。
  • CK VIEWS17
    「水戸芸術館」。磯崎新氏による個性的なタワーが、逢坂卓郎氏のLEDを使った照明テクニックによって新しい街のシンボルになっている。
  • CK VIEWS17
    「ラグーナテンボス」(愛知県蒲郡市)が展開したイルミネーション・イベント。
  • CK VIEWS 表紙
    CK VIEWS 2016 Autumn
  • CK VIEWS 英語版表紙
    CK VIEWS 2016 Autumn English ver.
  • CK VIEWS 表紙
    CK VIEWS 2017 Spring

クライアントは、2001年に設立されたLED照明のトップランナーです。「LEDデジタルライティング」を得意とし、日本各地の建築やインテリア、テレビ、コンサート、アート作品などに製品と技術を提供しています。フィリップス・カラーキネティクス社(アメリカ)の製品を日本全国に提供することを事業の中心としつつ、照明演出に関わるデザインのサポートや、他の演出装置との連携など、幅広い活動を展開しています。
 このフィリップス・カラーキネティクス社独自のLED照明を使って夜景を創造する事例は、日本全国の高層タワー、商業施設&ショップ、文化施設、テーマパーク、遊園地、オフィス、ホテル、結婚式場、集合住宅、学校、アミューズメントイベント、展覧会など多種多様です。それらの最新の芸術的な夜景の数々を厳選し、一冊にまとめたのがこのメディアです。あえて一切照明器具を載せず、あくまでも建築物とカラーライティングが織りなす夜景の美しさを、読者に堪能してもらうことを編集の主眼に置いています。

Vol.15号から弊社がリニューアル制作を担当しています。Vol.16号からは、日本語版と併せて、英語版「CK VIEWS」も同時に制作。日本語版は、上記のさまざまなジャンルの企業や公的施設、また個人の建築家、デザイナー、アーティスト事務所などに配布されており、同時に英訳版を作ることによって、外国人の方にも楽しんでもらえるよう配慮しています。

写真はできる限り大きくレイアウトし、建築と光がどのように親和するかが分かるように心がけています。また毎号、夜景事例の紹介記事のほか、毎号、建築家やデザイナー、アーティストなど掲載物件の設計・造営に関わるキーマンにインタビューし、クリエイターマインドを読み解く記事としても充実しています。

 幻想的で美しくハイレベルな夜景の数々は、見る人の美への感性を呼び覚まします。実は何かを美しく演出するという意味ではアイデアの宝庫なのです。この稀有な夜景メディアが、太古の昔から暗闇の中の光に憧れ、癒され、励まされ続けてきた、われわれ人間のもつ不変の尊い内なる感性を刺激することを願ってやみません。

お問い合わせ

「イベントで配布する冊子を作りたい」「人気のあの雑誌のようなテイストで作りたい」
「予算感を知りたい」「○○月頃に発刊したい」など、お気軽にご相談ください。